ロングテールキーワードとは?選び方とロングテールSEOのやり方

ロングテールキーワードとは?選び方とロングテールSEOのやり方サムネイル

ロングテールキーワードは特定の専門分野に特化していく内に自然と生まれてくるキーワード群です。
どういったキーワードを選ぶのが効果的なのか、そしてロングテールキーワードを攻略するにはどういったアプローチを取ればいいのかを解説します。

目次

ロングテールキーワードとは?意味や定義を確認

特定の専門分野に特化していく内に自然と生まれてくるキーワード群と言われても、抽象的過ぎてピンとこないですよね。

例として「Web集客」で考えてみましょう。

例:「Web集客」に特化していく内に自然と生まれるキーワード群とは?

「Web集客」というトピックには共通している内容と個別対応が必要なトピックがあります。

共通するトピック
手段や基礎知識などは様々な人に当てはまるトピックです。
  • ホームページで集客したい
  • SNSで集客したい
  • Web広告で集客したい

といった手段や、「Web集客」の意味や方法、参考になるおすすめの本などの基礎知識を知りたいというのは、初心者に共通する悩みです。

共通するトピックは検索する人も多く、検索ボリュームは大きくなります。

検索ボリュームが大きいキーワードは「ビッグワード」あるいは「ミドルワード」と呼ばれます。

初心者から一歩進んで、これから始めようとしている方や現在進行形でWeb集客に取り組んでいる方だと、悩みの種類が変わってきます。

個別に対応するトピック
業種によってゴール(実現したいこと)が変わってきます。

彼らにとって「Web集客」と検索した理由は、無料相談やモデルルームの見学会への申し込み、予算シミュレーションや見積などのリードの獲得や来店予約といった直接的な売上の増加を実現したいからです。

検索意図がはっきりしているため、より具体的なコンテンツが作れそうですが、需要が少なくなるため検索ボリュームは小さくなります。

検索ボリュームが小さいキーワードのことを「スモールワード」あるいは「テールワード」と呼びます。

共通しているトピックと個別対応が必要なトピックの違いは、検索ボリュームと検索ニーズです。

検索ボリュームと検索ニーズの関係

検索ボリュームと検索ニーズには相関関係があります。

検索ボリュームは共通しているトピックの方が大きい
適応範囲が広いため検索ボリュームも大きくなる

どの業界でも初心者や初学者が比率としては最も多いですし、

検索ニーズは個別対応トピックの方が強い
業種別は検索ボリュームは小さいものの検索ニーズは強い

検索ニーズが強い、つまり真剣に悩んでいたり検討している人=購買意欲が高い人は少ないということです。

この検索ボリュームと検索ニーズの関係性をグラフにすると、下記のようなグラフになります。

検索ボリュームと検索ニーズの関係性

検索ニーズが弱いキーワードの方が検索ボリュームが大きく、検索ニーズが強いキーワードの検索ボリュームは小さいことになります。

量と質ってやつですね。

左側から初心者、中級者、上級者の人数と捉えるとイメージできるのではないでしょうか。

キーワードが増えることでロングテールキーワードとなる
対策キーワードが増える(コンテンツを作る)と長いしっぽ(ロングテール)ができます。

検索ボリュームと検索ニーズの関係を整理すると下記のような表になります。

キーワード種別月間検索ボリュームキーワード数
ビッグワード10,000以上少ない
ミドルワード1,000~9,999中くらい
スモールワード1,000未満大量にある

ビッグワードやミドルワードは「ぱっと思いつく主要なキーワード」、スモールワードは個人の嗜好や考え方によって千差万別なので、大量に積み上がります

スモールワードが大量に積み重なる様が「動物のしっぽ」に似ているということで、ロングテールと呼ばれるようになりました。

ロングテールSEOとは?

この大量にあるスモールワードを積極的に狙っていこうというのがロングテールSEOと呼ばれる手法です。

もしかすると、「わざわざ検索ボリュームの少ないスモールワードを狙うのって効率が悪そう」と思ったかもしれません。

しかし、中小企業やお店が成果を出すならスモールキーワードを狙うのが最善だと思います

理由は3つあります。

中小企業やお店がスモールワードを狙うべき3つの理由

  1. ビッグワード・ミドルワードは大企業が強い
  2. 検索ニーズの弱い人を大量に集めても成果にはつながりにくい
  3. 検索エンジンの進化

順番に解説していきます。

1.ビッグワード・ミドルワードは大企業が強い

ビッグワードは月間で10,000回以上、ミドルワードは月間で1,000回以上検索されるキーワードです。

このキーワードで1位を獲れば、約30%の流入が見込めます。

つまり、ビッグワードで検索1位を獲れば、毎月3,000件以上の流入が見込めるということです。

しかも広告とは異なり、効果が中長期的に継続します。取り組む価値があるのは間違いありません。

対して、ランキングのシステムを作っているGoogleは検索ユーザーのニーズを満たすため、検索意図(クエリ)に沿ったコンテンツを探してランキングしていきます。

あるトピックについて書かれたコンテンツが1件しかないサイトよりも100件のコンテンツがあるサイトの方が上位にランキングされますし、トピックについての素人が書いたコンテンツと専門家が書いたコンテンツなら専門家が書いたコンテンツの方が上位にランキングされます。

つまり、コンテンツの「量」で勝つか、コンテンツの「質」で勝たなければなりません。

資本で負けているのですから、コンテンツの「量」で勝つのは難しそうですし、「質」についても商圏を外すと大企業に比べて知名度が低く、専門性を低く見積もられてしまいます。

同じ土俵(キーワード)で勝とうと思うと、大企業よりも濃い情報を掲載しないといけません。

10位以内に表示されているコンテンツで、大企業だと3,000字程度(7位)なのに、他の9つのコンテンツは10,000字以上といった例もあります。

しかし、大企業は「ある程度の市場がある」ところしか狙いません。スモールワードが手つかずになっていることもあるのです。

2.検索ニーズの弱い人を大量に集めても成果にはつながりにくい

中小企業はコンテンツ制作にかけられるお金も時間も限られています。

成果が出ればヒトもカネも増えるのですが、「コンテンツを作ったことで流入は2倍に増えたけど申し込みは増えてない」ケースよりも「コンテンツを作ったことで申し込みが5割増えた」方が評価されます。

つまり、ボリュームの大きい初心者や潜在客を集めるよりも、比較検討している人や、真剣に悩んでいる人を集めた方が成果につながりやすい=評価されやすいわけです。

ボリュームの大きいビッグワードやミドルワードではなく、ニーズの強いスモールワードを狙って結果を出して予算を回してもらった上で、件数を増やしていくことをおすすめします。

3.検索エンジンの進化

検索エンジンはユーザーの役に立つために、これまでの検索傾向やインターネット上での振る舞いを読み取っています。

その上で「この前クリックしたタイトルに近いタイトル」や「興味深く読んだ記事と似たジャンルの情報」などを優先的に表示・紹介するようになりました(パーソナライズ)。

つまり、ユーザーによって表示される検索結果の順位は異なるということです。

ユーザーとの接点が持てれば、純粋なSEOで負けていても表示順位で勝てる可能性も出てきますし、大企業に比べれば商圏が限られているのでローカルで接点を持つ手段もあります。

スモールワードの攻略に乗り出したくなってきましたか?スモールワードを複数攻略すると、ロングテールSEOにつながります。

ロングテールSEOの始め方

自社の専門性を活かしてお客さんの悩みに応えていけば、攻略するスモールワードが自然と増えてコンテンツがロングテールになっていきます。

でも、場当たり的にやるよりは戦略的に進める方が効果は高いです。

きちんと管理していなければ、知らず知らずの内にペナルティを受ける行為(重複コンテンツ)をしていたり、発信するテーマがブレてしまって、いつの間にかブログが日記や日報になるなど、誰の需要もないコンテンツになっていることもあります。

需要があろうがなかろうが、効果の多寡に関わらずコンテンツを作るのには時間が必要です。
せっかく時間を使うなら努力が報われる方がいいですよね。

ロングテールSEOは発信するトピック(キーワード)を増やして検索結果の上位表示を狙う方法です。
コンテンツ単位でキーワードを管理できるので、重複コンテンツを作ることもなければ、報われないコンテンツを作る可能性も低くなります。

ビッグワード・ミドルワードを狙う方法としてトピッククラスターという考え方があります。

トピッククラスターでつくるロングテールSEO

対応していくとキーワードが増えていく
Web集客を中心としたキーワード群のイメージ

「Web集客」のように核になるトピックを中心に据えて、お客さんが検索する可能性があるキーワードとキーワードに対しての回答となるコンテンツを作っていきます。

サービス名を中心に据えて、「誰に喜んでもらおうか?」といったポジティブな気持ちで広げていってください。

攻略に成功すれば、月間数万から数十万件のアクセスが手に入ります。
広告費に換算すると、月間数百万から数千万円が浮きます。

ビッグワードが中心で、「ビッグワード+○○」 「ビッグワード+△ △ 」 「ビッグワード+□□」 といったミドルワードが周りを固めます。

ミドルワードを中心にテールワードが衛星のように付き従います。

  • ビッグワード「Web集客」
  • ミドルワード「Web集客+飲食店」
  • テールワード 「Web集客+飲食店+おすすめ」

上記は一例ですが、飲食店を中心にWeb集客支援をしたいなら、飲食店経営者が知りたい内容を徹底的に書いていきます。

オウンドメディアやコンテンツマーケティングで成功しているサイトは、必ずビッグワード(検索ボリュームが大きいキーワード)でトピッククラスターを形成しています。
核となるコンテンツを作成した上で、最新情報など鮮度が高い(ライバルが少ない)コンテンツを発信するというのがお約束です。

事例でつくるロングテールSEO

個別対応コンテンツのロングテールSEOイメージ
士業ではなく税理士事務所に特化した場合のコンテンツ群

業種や職種を絞り込んで、「サイト公開」「動画撮影」「ホワイトペーパー」「評判」「サイト運用」などの独自コンテンツを掲載することで特定のターゲットを強く惹きつけることができます。

独特な組み合わせになるので、お客さんを調べた方からのアクセスが生まれたり、キーワードツールではカバーできない需要を獲得できるのが特長です。

ロングテールSEOの特長

ロングテールSEOといっても、取り組み方によって生まれるコンテンツは別物ですし、効果も異なります。
混同しないようにそれぞれの特長を確認しておきましょう。

手法特長
トピッククラスター狙ってアクセスを増やすための手法。
攻略予定のキーワードを中心に集客力を高めるコンテンツが作れる。
検索ボリュームが大きいキーワードの攻略に向いている。
「オウンドメディアの立ち上げ」などはこちらが主流。
事例専門性を示したり信頼性を高めるコンテンツが作れる。
想定していなかったお宝キーワードが発掘できることもある。
更新しやすい。
どんな業種でも取り組みやすい。

ロングテールSEOのメリット・デメリット

手法メリットデメリット
トピッククラスター計画を立てやすい。
成功すれば大量のアクセスが手に入る。
資産性の高いコンテンツが作れる。
効果が出るまでに時間がかかる。
ライバルが多いため競争が激しい。
コンバージョンから遠いアクセスのこともある。
事例更新が楽。
ライバルが少ない。
コンバージョンに近いアクセスを獲得できる。
現場の協力が必要。
低品質なコンテンツになる可能性もある。
需要が少ない(ない)こともある。

それぞれの役割が異なっているので、どちらにもいい部分があります。
両輪として使えるのが最高です。

コンテンツの役割が違うため、同じ評価指標だと正確に評価できない場合があります。
それぞれの評価軸を持ちましょう。

ロングテールSEO手法別の評価軸

共通する評価指標としては、コンテンツの滞在時間が長くなるかどうか、閲覧ページが増えたかどうか、といった部分でしょう。
コンテンツがクリックされたかどうかよりも、コンテンツに出会った方がどういったリアクションを取ったのかはとても重要な指標です。

手法評価軸
トピッククラスター攻略キーワードの検索順位の上昇
(テール→ミドル→ビッグの順で評価)
中心に据えたコンテンツの閲覧数の増加
事例 検索結果で表示されたクエリ数(種類)の増加
コンテンツを閲覧した人からのコンバージョン率

トピッククラスターは中心に据えたトピック(今回の例なら「Web集客」)の流入数が増えることが最大の評価指標です。
検索順位が上昇していれば流入数も増えるため、狙ったクエリの順位が上がったかどうかも重要指標です。

事例は検索ボリュームが少ないので、PVはほとんど気にしません。
その代わりコンテンツを投稿したことで検索結果に表示された回数が増えているかが最大の評価指標になります。
キーワードツールで見つからないような自社サイト独自のクエリや独特な組み合わせが見つかれば、ライバルがいないので独占も可能です。

検索結果に表示された回数の確認や、クエリの分析はGoogleサーチコンソールでできます。
Googleサーチコンソールの検索パフォーマンスを使ってアクセスを増やす方法で詳しく解説しているので、ご興味があればこちらもご確認ください。

ロングテールキーワードの選び方

こちらは主にトピッククラスター用です。

トピッククラスターは検索クエリ(キーワード)からコンテンツを作成するのに対して、事例はコンテンツにマッチしそうな検索クエリを探すためです。

事例の場合は読みたくなるようなキャッチフレーズをつけるといった方が正しいかもしれないですね。

トピッククラスター用キーワードの選び方

一番最初に考えるのは、「自分のお客さんがどういったキーワードで検索するか?」です。
そして、「なんで検索したのか?」「検索結果を知ってどうなりたいのか?(目先)」「検索結果を知ってどうなりたいのか?(できれば)」を想像してどういった人なのかといったターゲットのイメージを固めます

中心に据えたトピックに興味を持ったターゲットが何を疑問に思うのかを書き出します。
思いつかなかったら、営業担当やカスタマーサービスなどお客さんと接しているスタッフの力を借りましょう。
一緒にブレーンストーミングしたり、社内アンケートを回して集計する、あるいはお客さんにインタビューするのもいいと思います。

頼れる相手がいない、時間がない状態でどうしても思いつかなかったら、ライバルのコンテンツを研究しましょう。
1位から10位くらいまでのコンテンツを全部読めば、お客さんが求めていることが浮き彫りになってくるはずです。

お客さんが何を求めているのかを掴めたら、ツールの力を借りてもOKです。
最初からツールを使ったらダメ?と思うかもしれませんが、ターゲットが固まってないとコンテンツを作る時に苦労しますし、いいコンテンツを作るのが難しかったりします。

ツールで出てくるキーワードは誰が調べても似たような結果になります。
あなたのライバルも知ってますし、大企業ももちろん知ってます。
資本力で負けている以上、同じ土俵で勝負しても勝ち目は薄いです。

面倒でもお客さんの気持ちを考える癖がつくまではツールを使わずに絞り出すことをおすすめします。

事例用キーワードの選び方

施工前、施工後のような成果物がコンテンツとなります。
施工前に自社で紹介していいかをお伺いして、可能ならばすべて公開しましょう。

やりがちな間違いとしては、簡素なタイトルをつけてしまうことです。
「○○邸のリフォーム」とか、「今月の新作!」とかですね。

正しいんですけど、誰も検索しないですよね。
たまたま自社サイトに来てくれたお客さんなら見てくれるかもしれませんが、検索結果に表示されることはないでしょう。

「【大阪】和式から様式へ!トイレのリフォーム事例○○邸」とか、「〇月の新作スイーツは××を使った商品名」といったキーワードを内包するタイトルを付けるだけで、アクセスが数倍にハネ上がったこともありました。

成果物を見て「欲しい!」と思う人がどういったキーワードで検索するのか、どういったタイトルなら詳しく知りたくなるのかを想像してつけましょう。

コンテンツは決まっているので、カテゴリが偏っているなら特定の層からの集客を目的にできますし、カテゴリが偏っていないならば多様性をウリにすることができます。

トピッククラスター用キーワードと事例用キーワードの違い

トピッククラスターは集客が目的事例は信頼度をアップさせることが目的です。
事例も貯まってきたら、カテゴリページで集客できるようになります。

工務店向けの集客ワードで調べてみると、消費者向けのキーワードだとブログが上位にランクインするのに対して、店舗デザインなどの事業者向けのコンテンツは事例一覧などが上位にランクインしていました。

【工務店向け】集客ブログに最適な文字数は?【2021年8月調べ】で詳しく解説しています。
30キーワード、594サイトを調べた結果なので、ある程度の参考にはなると思います。

タイトルの付け方を工夫しましょう。

集客目的なら検索ボリュームを参考にして検索に引っかかりやすいタイトルをつければいいですし、参考記事などで紹介して、わくわくを高めるためのコンテンツにするなら、検索ボリュームなどよりもお客さんの感情にスポットライトを当てたタイトルをつけます。

タイトルは後からでも変更できます。
まずはコツコツ更新する習慣をつけましょう。

キーワードを選ぶ助けになるツール

外注して複数ライターで制作する時はキーワードツールを使ってまとめて出しますが、自分を中心とした数人で作るなら、Googleキーワードプランナーで十分です。

キーワードプランナー
新しいキーワードを見つける。調べるキーワードを入力して結果を表示をクリック。
キーワードの候補をダウンロード
右上のダウンロードボタンをクリックすれば、csvまたはスプレドシートへ移せます。

新しいサイトを作る時や仕事の時は10,000程度のキーワードを分類しますが、慣れるまではキーワードを仕分けするだけで満足してしまったり、攻略しないといけないキーワードが膨大にあって萎えてしまったりすることがありました。
最近はコンテンツを作る時にキーワードを集めるようにしています。

コンテンツの管理はWebコンテンツの管理は攻略キーワード別にリストを作れば簡単ですが参考になるかと思います。

ネギマ

勝ちやすいキーワードを選ぶコツってある?

月間検索ボリュームが1,000を超えないようなキーワードなら、ひとつのコンテンツで検索クエリのすべてを満たすこともできるので、検索ボリュームが控えめで競合性が低い(ライバル少ない)にキーワードに全力でコンテンツを作ってみるのがいいかもしれません。

検索ボリュームが多いキーワードは業種が複数だったり、年齢の幅が広かったり、用途や前提が異なるため、複数のコンテンツで攻略することが基本になります。

Googleサジェスト

GoogleキーワードプランナーはGoogle広告に登録していないと使えないので、面倒な方はGoogleサジェストを使ってみてください。

Googleサジェスト

調べたいキーワードを入力した後に「スペース」を押すと候補が出てきます。
これをメモしてもいいですし、

Googleサジェストはページャーの手前にも表示される

Web集客で検索した後、次のページあたりまでスクロールすると「他のキーワード」として表示してくれます。
スペースを入力した結果と微妙に違いますね。

ロングテールSEOに取り組むべきか?

取り組むべきだと思います。
特に、ニッチな商品を取り扱っている企業や、BtoB商材相性がいいと考えています。

BtoCと比べれば

  1. ライバルが少ない。
  2. 商材の独自性が強く差別化しやすい。
  3. 成果が出やすい。

からです。

①ライバルが少ない

ユニクロなどのアパレル、ドコモやauなどの携帯キャリア、トヨタや日産などの自動車メーカーなどBtoCはTVCMを見ない日がないくらい広告宣伝に力を入れています。

「認知度を高める」ためにあらゆるPR手法を取り入れていますので、Webサイトやオウンドメディアにも取り組んでいます。
つまり、ライバルが「超強い」わけです。

それに比べるとBtoBは情報発信をしている企業が少ないです。
不特定多数にPRしても意味がないからなのですが、特定のターゲットを惹きつけることができるロングテールSEOは非常に相性がいい取り組みだと思います。

②商材の独自性が強く差別化しやすい

展示会を見に行ったことのある方はご存じだと思いますが、同じジャンルで出展しているのに、サービスの内容も捉え方も大きく違いますよね。
類似商品や類似サービスが少ない(ない)のであれば、素直に書いているだけで差別化ができます。

ライバルが多いキーワードでSEOコンテンツを作ると、違いを出すのに苦労するので素直に羨ましいです。

③成果が出やすい

取り組んでいる人が少なくて、コンテンツも差別化しやすいなら、検索結果で上位表示されるまでの努力は少なくて済みます。
世界的にはメジャーでも日本ではマイナーな競技だと、日本代表に選ばれる確率が上がるのに似ているかもしれません。

もっとも、商品に直接つながる検索ボリュームが少ない可能性は高いので、いくつかのコンテンツを経由して商品へつなげるなどの工夫は必要になるかもしれません。

BtoB企業のロングテールSEO事例紹介

「イオナイザ」ってご存じですか?

製造業の方なら知ってて当たり前かもしれませんが、私は初めて知りました。
生産現場でダストなどが入らないように静電気を対策するための機器で、キーエンスやSMCなどが主なベンダーのようです。

イオナイザの検索結果
イオナイザで調べた時の検索結果。1位のパナソニックと4位のキーエンスの取り組みが素晴らしいです。

ぜひパナソニックのページやキーエンスのページを参考にしてください。
素晴らしい取り組みをしています。

ロングテールSEOに取り組まなかったらどうなる?

ライバルにキーワードを根こそぎ取られてしまい、あなたのWebサイトは検索結果から弾かれてしまうでしょう。

ランキングは強力です。
1ページ目(10位以内)に入らなければ、Web上でいないのと同義です。
(11位以降は1%以下)

つまり、1万件の検索ボリュームがあるキーワードで、ライバルが数千件のアクセスを獲得する中、100件未満しか流入が見込めないということになります。

コンテンツを作る労力はそれほど変わらないのに、もったいないですよね。

ロングテールSEOに取り組んだらどうなる?

正しいやり方で取り組めば、狙ったキーワードでライバルよりも上位に表示されますし、ニッチな事例に共感したお客さんからの問い合わせが増えることでしょう。

ロングテールSEOに取り組んで効果が出るまでは、ある程度の時間は必要です。
裏を返せば、ライバルが参入してきても追いつかれにくいということ。
普遍的なコンテンツを作れば、かなりのアクセスをコンスタントに稼いでくれます。

なぜ効果が出るまでに時間が必要なのか?

まずは「いいコンテンツだね」とGoogleに評価される必要があり、「いいコンテンツがたくさんあるサイトだね」と繰り返すことでサイトの評価を高めないとインターネット上の発言権が低いままだからです。

Googleからの評価はユーザーの評価を集積したものです。
高評価は滞在時間が長い(真剣に読まれている)、話題になる・シェアされてる(紹介されるほど素晴らしい)などが主な評価になります。

あなたの業界に巨大なライバルがいたとしても、すべてのキーワードを網羅することなんて物理的に不可能です。
あなたの会社の独自性を打ち出したり、事例を取り扱ったニッチキーワードなら勝ち目はあります。

コトウリはあなたをサポートします

本記事を読んで「これからロングテールSEOを始めたい」「自社だったらどうなるのか興味がある」という方はぜひ一歩踏み出してください。

Webサイトを持っていない、あるいは、現在持っているWebサイトにCMSなどの自分で更新できるシステムが入っていないなどのWebツールの問題で足踏みするなら、コトウリが作ります。

コンテンツを管理できる人員がいない、何からやればいいのか分からないなら、コトウリが伴走しながらサポートします。
実現可能で、成功までの最短ルートをご提案します。
お気軽にお声がけください。

今すぐ相談する

ロングテールキーワードとは?選び方とロングテールSEOのやり方サムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次