初期設定済みのワードプレスサイトが3万円~ 詳しく見る

記事を更新したのに反映されないのはなぜ?原因と対策

WPでブログを作成した後に、追記や内容の修正をすることがありますよね。
更新ボタンを押したのに、変更が反映されなかったことはありませんか?変更が反映されない理由は「キャッシュ」という機能が影響していることが多いです。

目次

キャッシュとは?

キャッシュ=現金を想像しますが、Webの世界ではキャッシュ=現金ではありません。

Webの世界でのキャッシュは「一時保存データ」と呼ばれるもので、パソコンやスマートフォンがWebサイトやゲームアプリなどの処理を早くさせるために一時的に保存しているデータのことを指します。

この機能のおかげで常に全てのデータをリクエストすることなく、快適な処理が実行されています。
一方で、この機能のため更新が反映されているかが分からないという問題が発生します。

キャッシュの削除

キャッシュの削除を行うと、最新のデータを改めて取得することができます。

キャッシュの削除方法「F5」を押す、または「再読み込み」をすることです。これを何回かすることで、最新データが反映されているかを確認しましょう。

WPにおける更新の不具合

WPにおいてもキャッシュが原因の場合と、プラグインが影響している可能性があります。
特にWP Fastest CacheやSuper Cache等のプラグインを使用していると、更新が反映されないことがありますので、プラグインを停止してから更新を実行してください。

管理画面のプラグイン→該当のCacheプラグイン→停止

でプラグインを停止させることができます。
勿論、記事を更新した後は、プラグインを有効化することをお忘れなく。

デフォルトサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

ネット集客に役立つe-bookをプレゼント

無料レポート表紙

セールスプロセスの自動化に取り組もうとしている

スモールビジネスにぴったりのe-book(合計27ページ)です。


特典として4本の動画(約120分)もプレゼント。

e-bookと動画を見て頂ければ初心者でもしっかり活用できます。

この記事を書いた人

愛媛県新居浜市出身。大阪在住。Web業界10年目に突入した元ディレクター。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)、Google広告の認定資格保持、Googleデジタルワークショップ修了。専門スキル:コピーライティング、DRM。このサイトの運営責任者で、現在は中小企業やスモールビジネスのデジタルマーケティングをサポートしています。最近は完全自動化に向けて取り組み中。B級グルメ、スーパー銭湯、焼鳥が好き。Webマーケティングやインターネット活用についての記事を更新しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる