ドメインとサーバーを契約してWordPressをインストールしよう

ドメインとサーバーを契約してWPをインストールしようサムネイル

今回はあなたのホームページを持つために必要な最初のステップです。
SEO的な理由から別々に解説しているところが多いですが、一気にやってしまった方が楽なので、全部まとめて解説します。

無料じゃダメなの?と思った方は無料プランでやってるあなたに独自ドメインを取る意味をお伝えしますと読んでみてください。

契約するのはエックスドメインとエックスサーバーです。
手順通りにやれば簡単なので、是非チャレンジしてみて下さいね。

WPのインストールまでやってしまえば、後はWPの管理画面での作業となります。

  1. エックスドメインでドメインとサーバーを契約する
  2. エックスドメインで設定する
  3. エックスサーバーで設定する
  4. WPをインストールする
目次

エックスドメインでドメインを契約する

まずはインターネットでエックスドメイン へいきましょう。
XドメインはXサーバーが運営しているドメイン会社です。

Xサーバはコトウリも使っているおすすめのサーバ会社です。

ドメインが取得できるかを調べる

取得希望のドメイン名を検索というところに、あなたが欲しいドメイン名を記入しましょう。

エックスドメイントップ

「kotouri」といった風に、取りたいドメインを記入したら、「検索ボタン」をクリック。

ネギマ

どんなドメインがいいの?

正直なところどんなドメインでも大丈夫ですが…。

名刺やメールの署名にも書くので、覚えやすくて短いドメインがおすすめ

屋号や商品名・サービス名などで取得する人が多いです。

メディアを運営する場合は、取り扱うテーマが想像できる名前(ダイエットならdietとか)にするといいでしょう。

ドメイン名で調べた結果を確認する

ドメインは早い者勝ちなので、kotouri.comが「×取得できません。」になってますよね。
これは、コトウリがkotouri.comを契約しているからです。

せっかくなので、kotouri.netを取得してみましょう。
取得したいドメインの左側にチェックを入れます。

ドメインの検索結果

もし、サーバーをまだ借りていないのであれば、一緒に契約してしまいましょう。
1年まとめてレンタルするなら、初期費用も無料です。

取得手続きに進むをクリックしましょう。

ネギマ

.comや.jpとか色々あるけど何がいいの?何が違うの?

URLを見た時の受け取るイメージと取得・更新費用が変わります
※ドメインは年間契約で、高くても5,000円程度です。

【.com】【 .jp】【 .co.jp】【.net】の部分をトップレベルドメイン、kotouriの部分をセカンダリドメインと呼びます。
【.jp】は日本に属している、【 .co.jp】は日本の株式会社、【ac.jp】【ed.jp】は教育機関じゃないと取得できないという縛りがあったりします。

株式会社や教育機関などであれば【 .co.jp】【.ac.jp】を取得しておくのがいいでしょう。
メインサイトの場合は、.comや.netなど無難なものであればいいと思います。

アカウント取得手続きに進む

アカウント取得は、お名前や住所、支払い方法といった必要情報を登録します。

アカウントを取得していると、右側の「Xserverアカウントをお持ちの方」にIDとパスワードを入れてログインします。

取得手続きに進む

Xserverアカウントを持っていない方は、「Xserverアカウントの登録へ」をクリックして、必要事項を入力してください。
アカウント登録→お支払い情報の入力→内容の確認→お申込み完了の流れで登録ができます。

既にお持ちの場合はIDとPASSを入力してログインをクリック。

ネギマ

これでドメインの取得とサーバーの契約は完了!

次はドメインとサーバを紐づけてあげましょう。

ドメインはインターネット上の目印(かんばん)、サーバはメールを受け取ったり、Webサイトのデータを置いておける倉庫みたいなものです。

倉庫にかんばんをつけて、「ここがウチのホームページだよー」と告知する感じです。

ということで、ここからはドメインとサーバを紐づける手続きです。

ドメインとサーバーを紐づける:エックスドメインでの設定

まずはドメイン側での設定です。
ログインすると取得しているドメインの一覧が表示されます。

「ネームサーバー設定」をクリックしましょう。

ネームサーバー設定

取得したドメインを設定する

設定したいドメイン(この場合kotouri.net)の右側にあるメニューをクリックして出てくる「ネームサーバー設定」でもOKです。

クリックすると出てくるメニュー

紐づけるサーバを選択

コトウリが契約しているのはXSERVERなので、これを選択して「確認画面へ進む」をクリック。

契約しているプランを選択

ネームサーバーを設定

「設定を変更する」をクリックしましょう。

ネームサーバーの確認
ネギマ

これでドメイン側での設定は完了。

他のドメイン会社でドメインを取得してサーバーはエックスサーバーを借りている場合は、ネームサーバー設定の画面でns1.xserver.jp~ns5.xserver.jpを設定します。
ドメイン取得会社とサーバーの契約会社が一緒なので、楽チンですね。

ここまででドメイン側からの設定は完了です。

これからはサーバー側での設定に入ります。

ドメイントサーバーを紐づける:サーバー側での設定

さて、エックスサーバーへ移動してサーバーパネルへ入ります。

エックスサーバーで設定

ログインメニューからサーバーパネルをクリックしてください。

エックスサーバーにログイン

IDとパスワードを入力してログインボタンをクリック。

ログイン

もし、Xserverアカウント(青い画面)に入ってしまった場合は、「サーバー管理」からサーバーパネルに入れます。

サーバーパネルのドメイン設定

サーバーパネルの下方向にある「ドメイン設定」をクリック。

ドメイン設定

ドメイン設定で紐づけるドメインを追加

サーバーに紐づけているドメインの一覧が表示されています。
まだサーバー側での設定をしていないので、取得したドメインが表示されていないことと思います。

ドメイン設定追加をクリックしてください。

取得ドメイン一覧

ドメイン設定追加

取得したドメインを打ち込んで、確認画面へ進むをクリック

ドメインを追加する

無料独自SSLを利用すると高速化~を有効にするはチェックが入ったままでOKです。

追加する

追加するをクリックしましょう。

ドメインを追加する
ネギマ

これでドメインとサーバーを紐づける手続きは完了。

設定が完了するまで1時間程度かかるので、ちょっと休憩しておきましょう。

設定完了

完了するとこんな画像に切り替わります。

ようやくワードプレスをインストールする準備ができました。

あと少し頑張りましょう。

WodPressをインストールする

ドメインとサーバーの紐づけて1時間程度経つと、「反映待ち」という表示がなくなります。
左側にあるメニューから、WordPress簡単インストールをクリックしましょう。

ワードプレス簡単インストール

WordPressをインストールするドメインを選択する

WordPressをインストールしたいドメインの「選択する」をクリックします。

ドメインを選択する

WordPressインストール

WordPressインストールタブをクリックして、WPをインストールするフォルダ、ブログ名、ユーザー名、パスワード(8~16字の半角英数字)、メールアドレスを入力します。

全て入力出来たら、確認画面へ進むをクリック。

インストール

ユーザー名とパスワードは後で使うので、控えておきましょう。
ブログ名はWPの管理画面で変更が可能ですし、パスワードも再設定は可能です。
(再設定にメールアドレスが必要です。)

ユーザー名の変更はできません。

分かりやすい名前をつけておきましょう。

インストールする

入力した内容が表示されていることを確認して、インストールするをクリック。
※サンプルの画像はユーザー名やメールアドレスが白になっていますが、消してるだけです。

インストールする
ネギマ

サーバー側での作業はこれで終わり。

メールアドレス(info@kotouri.netやkataoka@kotouri.netなど)を作る場合はサーバー側で処理しますが、ここからはWordPressの管理画面での作業となります。

WordPressの管理画面へ移動する

特別なことをしていないのであれば、取得したドメイン/wp-admin/をアドレスバーに打ち込んで下さい。

下記のような画面が出てくれば管理画面の入口です。

WordPress簡単インストールで登録したユーザー名とパスワードを入力して、ログインをクリック。

WPの管理画面

WPの管理画面

ダッシュボードに入れたらOKです。

ダッシュボード

これから、WPの初期設定やプラグインのインストールなどを行っていきます。

初期設定?プラグイン?と思った方は、記事の最後にある関連記事をポチってみてください。

何にもやっていないとこんな見た目です。

コトウリサンプルサイト

これであなたのホームページのベースが手に入りました。

慣れない作業ですが、よく頑張りました。
お疲れ様です。

ちょっと休憩したら、テーマを選んだり、プラグインを導入して便利なサイトにしていきましょう。

関連記事 ワードプレス(WP)のサイドメニューと各メニューの操作方法

関連記事 ワードプレス(WP)にインストールするべき7つのプラグイン+α

関連記事 ワードプレス(WP)テーマの選び方と設定方法を解説

ドメインとサーバーを契約してWPをインストールしようサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次