小規模事業者持続化補助金の採択率は!?申請すればほぼ通る?

記事上CTAバナー

小規模事業者持続化補助金には一般型とコロナウイルス特別対応型(以下コロナ特別対応型)の二種類があります。
一般型の補助率は最大2/3、コロナ型の補助率は最大3/4、金額も一般型は最大50万、コロナ型は最大150万または200万(事業形態によって変動)です。

さっそく採択率を見ていきましょう。

令和元年小規模持続化補助金<一般型>の採択率

応募者採択者採択率
商工会地区18,080 件16,846 件93.17%
商工会議所地区15,202 件13,099 件86.16%
合計33,282 件29,945 件89.97%
参考:中小企業庁

令和元年の一般型の採択率は89.97%となっています。

令和2年小規模持続化補助金<一般型>の採択率

応募者採択者採択率
第一回8,044 件7,308 件90.80%
第二回19,154 件12,478 件65.15%
小計27,198 件19,786 件72.75%
参考:第一回結果第二回結果

第二回の申請数が大きく増えた結果、採択率が下がっていますね。
令和2年の一般型の採択率は72.75%となっています。

第三回分の採択結果はまだ発表されていませんが、コロナ特別対応型の結果を見ると、採択率は下がっていると推察されます。

小規模持続化補助金<コロナ特別対応型>の採択率

応募者採択者採択率
第一回6,744 件5,503 件81.60 %
第二回24,380 件19,833 件81.35 %
第三回37,302 件12,664 件33.90 %
小計68,426 件38,000 件55.53 %

参考:第一回第二回第三回 中小企業庁

第二回までの平均が81.40%だったのに対して、第三回の採択率は33.90%と大きく下がりました。
これにより合計55.53%となっています。

一般型とコロナ特別対応型の申請受付締切時期

どちらも4回に分けて応募を受け付けていますが、締切タイミングが違います。

一般型コロナ特別対応型
第1回締切2020年3月31日2020年5月15日
第2回締切2020年6月5日2020年6月5日
第3回締切2020年10月2日2020年8月7日
第4回締切2021年2月5日2020年10月2日
第5回締切 2020年12月10日

コロナ特別対応型の最終締め切りが2020年10月2日になっていましたが、追加で第5回が設けられました。
申請するためには商工会または商工会議所の担当者とやり取りをしなければならないので、2週間くらいは猶予を見ておきましょう。

※コロナ対応型は商工会または商工会議所の担当者とのやり取りは任意となっています。

申請するには何をすればいい?

補助金申請の流れは下記記事でご覧いただけます。
一般型の流れですが、コロナ特別対応型も流れは一緒です。

小規模事業者持続化補助金<一般型>の流れ(申請・採択・振込)

申請のハードルになる経営計画書の書き方で悩んでいる方は下記記事でご覧いただけます。

持続化補助金<一般型>向け経営計画書の書き方!サンプルを添削
持続化補助金<コロナ特別対応型>向け経営計画書の書き方!サンプルを添削

コロナ特別対応型の申請方法については下記記事で詳しく紹介しています。

【2020年度版】小規模持続化補助金の申請方法とは?コロナ型を解説

サービス資料をダウンロードできます
コトウリをもっと知ってください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

コメント

コメントする

目次
閉じる