PHPとは何の略?意味と簡単な解説

記事上CTAバナー

PHPとは厳密に言うと現在の略称ではありません。

以前Personal Home Page Tool(略してPHP Tools)と呼ばれていた名残でPHPと呼ばれています。

現在の正式名称はPHP: Hypertext Preprocessor(ハイパーテキストプリプロセッサ)、データのやり取りやページを作り出したりするプログラミング言語です

目次

コトウリの解説

PHPは問い合わせフォームやワードプレスなどのCMSなどで使われています

プリプロセッサの「データーのやり取り」については問い合わせフォームでイメージできるかと思いますので、「ページを作り出す」という点について申し少し詳しく書いておきます。

ページを作り出す?

HTMLでホームページを作った場合は、作ったページ数の数だけHTMLファイルがあります。
対して、PHPファイルでホームページを作った場合は、HTMLファイルは1ページもありません。
誰かが「見たい」とページに訪れた時に、HTMLファイルが生み出される仕組みになっています。

phpとHTMLの違い

ページをお惣菜とするなら、HTMLはパッケージされたお惣菜が並んでいて、PHPは注文が入ってからお惣菜を作るという感じですね。

何らかの変更が必要になった時に、HTMLなら共通部分であってもファイルごとに個別に変更しなければならないものの、PHPなら共通部分はまとめて変えることができます。

PHPで制作すると、メンテンナンス性が高くなります
ワードプレスもPHPで作られているので、ワードプレスを本格的に運用し始めるとPHPの学習もすることになります。

プログラミングはコンピューターの言葉で作るコンピューターへの細かい手順書のようなものです。

ゼロからコードを書けるようになるのが一番ですが、まずはファイルの関係性とファイルに書かれているプログラムが何を命令しているのかが分かる状態を目指しましょう。

英語で喩えるなら、海外の人と自由にやり取りするのを目標にして、まずは単語を覚えて英文に何が書かれているのかが分かる状態を目指すという感じですね。

プログラミング学習は、あなたの世界を広げます。

サービス資料をダウンロードできます
コトウリをもっと知ってください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

コメント

コメントする

目次
閉じる