CMSとは何の略?意味と簡単な解説

記事上CTAバナー

CMSとはContents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略です。

特別な知識がない人でもコンテンツ(ホームページに掲載している画像やテキストなどの情報)をマネジメント(新しく追加、変更など管理者の思う通りにできる)ようにしてくれるシステムですね。

目次

コトウリの解説

CMSは管理画面があり、管理画面からページの情報を操作できるようになることが大きな特長です。
WordPressが最も有名ですが、CMS=WordPressというわけではありません。

WordPressは高性能で初心者に使わない機能もあるため、システム会社が用途に合わせた独自のCMSを作っている場合もあります。

従来のファイル操作とCMSの比較

CMSの詳細

パソコンをコマンドを打って操作していたのが、アイコンやフォルダをクリックして操作するようになったように、CMSの登場によって従来のファイル操作でページを作るのではなく、簡単にページ作成ができるようになりました。

操作が簡単になったのでホームページはより手軽で身近になりました。
説明上「昔のパソコン」としましたが、今のパソコンにもコマンドを打つ機能はあります。
複雑な処理や独自のカスタマイズをする場合はファイル操作が必要となりますし、プログラムは奥が深いです。

覚えていくと楽しいですよ。

サービス資料をダウンロードできます
コトウリをもっと知ってください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

コメント

コメントする

目次
閉じる