初期設定済みのワードプレスサイトが3万円~ 詳しく見る

【2020年9月最新版】大阪で使えるデリバリーサービスの費用とエリア

2020年9月大阪で使えるデリバリーサービスサムネイル

新型コロナウイルスの影響から外食する機会が減り、おウチごはんの中食の機会が増えてきています。
流れに伴って、デリバリー大手の出前館、Uber Eatsの他にも様々な会社がデリバリー業界に参入を始めています。

地域限定のサービスも多いため、何が利用できるのかが分からない方も多いかと思います。
2020年9月時点で、大阪で利用できるデリバリーサービスの費用やエリアをご紹介します。

デリバリーを始めたいけど、人手が足りないから無理

という方も諦める必要はありません。
配達を委託できるデリバリーサービスは、2020年9月時点で4サービスあります。

目次

大阪で利用できるデリバリーサービス

大阪で使えるデリバリーサービス

デリバリーサービスの初期費用・配達委託手数料他

サービス名初期費用サービス
利用手数料
配達代行
手数料
タブレット
レンタル料
その他
出前館無料10%23%LTE 2,000円/月
wifi 800円/月
Uber Eats50,000円12%35%1,700円/月
DiDi Food50,000円35%不明
menu無料
※wifiなしの場合1,650円
無料34%無料通信料
1,100円/月

※サービス利用手数料は自社配送、テイクアウトの場合にかかる費用。
※出前館は配達委託の場合は、サービス利用手数料+配達代行手数料が必要です。
※出前館は2020年4月から出店費用が無料、期間は不明。
※menuの初期費用、利用手数料、タブレットレンタル料が無料なのは2022年3月まで。

初期費用は無料~50,000円程度、配達を委託する場合は売上の35%程度、月額の固定費は1,000~2,000円程度です。

利用者からの注文は管理用のアプリで受けます。
ひとつのサービスに対してひとつのタブレットがあった方が良いです。
購入していれば、アプリをインストールすれば利用できるので、レンタルしなくても問題はありません。
また、スマートフォンで管理用アプリを利用するのはNGにしているサービスが多いです。

大阪の配達対応エリア

サービス名対応エリア
出前館ほぼ全域
Uber Eatsほぼ全域
DiDi Food大阪市内+一部地域
menu大阪市内の一部地域

出前館、Uber Eatsはほぼ全域、DiDi Foodは2020年の4月に一部地域からスタートして、9月には大阪市内はほぼカバーしました。
menuは現状後発のサービスになっていますが、DiDi Foodの例から考えると、年内には大阪市内をカバーするのではないでしょうか。

DiDi Foodの大阪の配達対応エリア詳細

配達エリア
大阪市内北区・西区・中央区・浪速区・天王寺区・福島区・淀川区・阿倍野区・都島区・西成区・生野区・大正区・東淀川区・城東区・旭区・東成区・住吉区・此花区・鶴見区・東住吉区・港区・平野区・西淀川区・住之江区
守口市内、八尾市内、吹田市内、豊中市内
※一部地域では使えない場合あり。

menuの大阪の配達対応エリア詳細

配達エリア
大阪市内北区・中央区
※エリア拡大中

対応エリアはアプリ内で告知しています。

2020年9月大阪で使えるデリバリーサービスサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

ネット集客に役立つe-bookをプレゼント

無料レポート表紙

セールスプロセスの自動化に取り組もうとしている

スモールビジネスにぴったりのe-book(合計27ページ)です。


特典として4本の動画(約120分)もプレゼント。

e-bookと動画を見て頂ければ初心者でもしっかり活用できます。

この記事を書いた人

愛媛県新居浜市出身。大阪在住。Web業界10年目に突入した元ディレクター。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)、Google広告の認定資格保持、Googleデジタルワークショップ修了。専門スキル:コピーライティング、DRM。このサイトの運営責任者で、現在は中小企業やスモールビジネスのデジタルマーケティングをサポートしています。最近は完全自動化に向けて取り組み中。B級グルメ、スーパー銭湯、焼鳥が好き。Webマーケティングやインターネット活用についての記事を更新しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる