初期設定済みのワードプレスサイトが3万円~ 詳しく見る

サーバーとドメインの基礎知識

サーバーとドメイン。Webサイトを作るにあたって、欠かすことのできないものです。

今回はサーバーとドメインがどういったものなのか、そしてどういった役割を持っているのか、また知っていると得する知識についてご紹介していきます。

目次

サーバーとは?

serber01

サーバーとは、ネットワークで繋がったコンピュータ上で他のコンピュータにファイルやデータ等を提供するコンピュータ、またはそのプログラムのことです。

私たちがWebサイトが見れたり、メールが送れるのは、サーバーが私たちのリクエストを聞いてくれているからです。

サーバーと私たちの関係

私たちがWebサイトを閲覧する時には、InternetexplorerやGoogle Chrome、Safariなどのブラウザソフトを使いますし、メールを送る時はOutlookやThunderbirdなどのメールソフトを使いますよね。

このブラウザソフトやメールソフトはクライアントソフトと呼ばれるもので、
サーバーに対して

「このURLのWebサイトを表示して」
「このアドレスにメールを届けて」
などの要求(リクエスト)を送る役割を持っています。

サーバーはクライアントソフトのリクエストに応じて、

「このURLのサイトにはこんなファイルがあるよー」
「メールを届けたよ。メールを届けようとしたけど、届かなかった。アドレス間違ってない?」
などの反応(レスポンス)を返します。

server02

InternetexplorerやGoogle Chrome、Safariなどのブラウザソフトは、HTMLやCSSなどのファイルをビジュアル化してくれます。

それぞれのファイルは他のソフト(メモ帳など)で見ると、テキストの羅列になります。
メールソフトの場合、メールソフトがメールを相手側のサーバーに届けることで送信、自身のメールサーバーに届いているメールを取りにいくことで受信しています。

では、それぞれのソフトは何を目印にして該当するサーバーにリクエストしているのでしょうか。
それは、ドメインを目印にしています。

ドメインとは?

ドメインとはサーバーの目印、インターネット上の住所に当たります。
当サイトのURLはhttps://kotouri.comですが、http://は共通なので、住所はkotouri.comということになります。

ドメインはトップレベルドメイン、セカンダリドメインとそれぞれ役割があり、セカンダリドメインは任意の文字列、大体サイト名やサイトの役割で取得している方が多いですね。

トップレベルドメインはbizの部分ですが、この部分には国を表したり、会社組織だったりと様々な意味を持たせています。基本的には早いもの勝ちなので、他の方が取得したドメインは取得できません。

知名度が高い企業や製品の場合、勘違いされると困るので、使用するのは「co.jp」だけでも、その他の.com、.net、.bizなども取得していることが多いです。

ドメインの意味

私たちになじみ深いのは….jpですよね。これは、日本国内のサイトを見ていることが多いためです。ドメインの大半は略称になっており、アメリカだと….us(United States)、中国だと、….cn(Chaina)となります。それ以外の部分においても意味があります。

トップレベル利用可能な団体
co.jp日本国内で登記を行っている株式会社や有限会社登録可能なドメイン。
go.jp日本国の政府機関、各省庁が管轄する研究所、特殊法人(特殊会社を除く)が登録可能なドメイン。
or.jp財団法人、社団法人などの株式会社、有限会社以外の特定の法人組織が登録可能なドメイン。
ac.jp大学や高校などのいわゆる「学校」が登録可能なドメイン

comはcompany、bizはbusinessの略語でビジネスでよく使われるドメインです。

メールアドレスも@の後に続く文字列はdocomo.ne.jpだったり、softbank.ne.jp(i.softbank.jp)だったりしますよね。
私たちがPCやスマホで検索したり、メールを送った場合は、それぞれのドメインを目印にしてリクエストを送っています。

まとめ

今回はサーバーとドメインについてご紹介しました。

何気なく使っているインターネットの裏側の仕組みなので少し難しかったかもしれませんが、今後はどうやって契約するのか、お得なサーバー会社はどこなのか、Webサイトの表示スピードを上げるための方法などをご紹介していきます。

デフォルトサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

ネット集客に役立つe-bookをプレゼント

無料レポート表紙

セールスプロセスの自動化に取り組もうとしている

スモールビジネスにぴったりのe-book(合計27ページ)です。


特典として4本の動画(約120分)もプレゼント。

e-bookと動画を見て頂ければ初心者でもしっかり活用できます。

この記事を書いた人

愛媛県新居浜市出身。大阪在住。Web業界10年目に突入した元ディレクター。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)、Google広告の認定資格保持、Googleデジタルワークショップ修了。専門スキル:コピーライティング、DRM。このサイトの運営責任者で、現在は中小企業やスモールビジネスのデジタルマーケティングをサポートしています。最近は完全自動化に向けて取り組み中。B級グルメ、スーパー銭湯、焼鳥が好き。Webマーケティングやインターネット活用についての記事を更新しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる