初期設定済みのワードプレスサイトが3万円~ 詳しく見る

Webにおけるバーバル・ノンバーバルコミュニケーション

バーバルコミュニケーション、ノンバーバルコミュニケーションという言葉はご存知でしょうか。
コミュニケーションにおける方法ですが、バーバルコミュケーションは「言語的な」コミュニケーション、ノンバーバルコミュニケーションは「非言語的な」コミュミケーションという意味です。

Webサイトはユーザーとのコミュニケーションを行うツールです。
今回はユーザーと円滑なコミュニケーションを取るためにどうすれば良いのか、またどのように考えれば良いのかをご紹介します。

目次

「何を」よりも「誰が」の方が重要

私たちが誰かとコミュニケーションを行う時に、

「何を」話しているかよりも

「誰が」話しているかの方が大きな要因を占めています。

アメリカ人の心理学者アルバート・マレービアン博士の実験によると、

話す言葉の内容は7%に過ぎず、

残りの93%は顔の表情や声の質によって他人を判断している

そうです。話している内容よりも「何となく」が大半を占めることになりますね。

では、このマレービアンの実験結果をWebサイトに当てはめるとどうなるのでしょうか。

言語的なコミュニーション=説明文や記事における文言全般

非言語的なコミュニケーション=デザイン、フォント、行間、UI、テイスト(雰囲気)

となります。

Webサイトにおいて、見た目や雰囲気が悪いと、93%のユーザーには文字すら読んでもらえず、どれだけ練りに練った文章を書いても伝わらないことになります。

言葉よりも雰囲気?

まずはユーザーに読んでもらえるようなサイトを作らないといけない!
コンテンツよりもデザイン重視で!

バーバル < ノンバーバルでいこう!

となるのですが、非言語的な部分のみで制作すると、制作者にとって恐ろしい

「何となく違う」

という言葉が出てきます。
良いサイトを作るためには、非言語的な部分を言語化する必要が出てきます。

非言語的な部分を言語化する意味

非言語的な部分を言語化することで生まれる最大のメリットは、

どの立場の人でも共通認識が得られること

これがあるとないでは制作者、発注者双方のストレスの度合いが全く変わります。
そのため、ディレクターが実施するのは、徹底的なインタビューをすることで発注者の「好み」を言語化、ユーザー調査を実施してユーザーの「好み」を言語化して客観的な情報にします。

デザイナーは言語化されたものを非言語化してくれる存在ですね。

まとめ

Webサイト制作は、非言語領域(ユーザーと発注者の好み)→ディレクターによる言語化→デザイナーによる非言語化といった一連の流れが良いWebサイトを生み出します。

バーバル < ノンバーバルではなく、バーバル > ノンバーバルでもなく、バーバル = ノンバーバルと等価値と捉える必要があります。
良いWebサイトを制作して、売上を上げましょう。

デフォルトサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

ネット集客に役立つe-bookをプレゼント

無料レポート表紙

セールスプロセスの自動化に取り組もうとしている

スモールビジネスにぴったりのe-book(合計27ページ)です。


特典として4本の動画(約120分)もプレゼント。

e-bookと動画を見て頂ければ初心者でもしっかり活用できます。

この記事を書いた人

愛媛県新居浜市出身。大阪在住。Web業界10年目に突入した元ディレクター。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)、Google広告の認定資格保持、Googleデジタルワークショップ修了。専門スキル:コピーライティング、DRM。このサイトの運営責任者で、現在は中小企業やスモールビジネスのデジタルマーケティングをサポートしています。最近は完全自動化に向けて取り組み中。B級グルメ、スーパー銭湯、焼鳥が好き。Webマーケティングやインターネット活用についての記事を更新しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる