ワークショップやイベントではじめてのCRMしてみませんか?

記事上CTAバナー

15年前のお話。

住宅街にひっそりとある洋食店。
カウンターが8席のこじんまりとしたお店にはコックスーツに身を包んだマスターと、きびきびと動いている奥さんらしき女性と数人のお客さん。
ちょっとヘタっているけど丁寧に掃除がされていたメニューを見るが、何を頼んでいいか分からない。

しばらく悩んでいると「オムレツ」(680円)というのが目に入った。

わざわざメニューに載っているのだから、話のタネになるかもと思って頼んでみると、これが凄かった。
オムレツの表面は磨いたようになめらかで、軽くつつくとふわふわ。
オムレツの上には一見「こげてる?」と思うような色のデミグラスソースがたっぷりかかっている。
ワインとフォンドボーの香りからしてめちゃめちゃ濃厚。

自分の選択はどうも「当たり」だったようだ。
期待と共にひと口食べると期待を裏切られた。

表現できなかったのだ。

美味しいってことは分かる。
気付いたらなくなってた。

「オムレツすげえ!」

と感動したのを今でも覚えています。

目次

「初めて」の価値が高まっている

「初めて」の感動ってよく覚えていますよね。
経験に強い感情が結びつくと、「大事なことだ!」と脳が覚えてしまうからだそうです。

昔は知らないことがたくさんあったから、サプライズがたくさんあった。
客引きに付いていってボッタくられたり、なんとなく入ったお店がめちゃめちゃ不味ったり、ガセ情報を信じ込んで大損したり…

もちろん、嬉しいサプライズもたくさんあった。

今は情報が簡単に手に入る。
事前に調べてから試すようになったので、ハズレも少ないし間違うことが少なくなった。
でも、想像の範囲を出ないと面白くないし、「無理そう」と思った瞬間、妥協しがちになる。

知らないで損することに臆病になるんですよね。

とても便利だし、昔の生活に戻れないのは分かってる。

でも、(もし損をしないなら)本当は「初めて」が欲しい

「知って」いても「やったことがない」から、ワークショップやイベントといった体験できることの価値が高まっていると思います。

【専門家】が【体験】を提供する

初めてやるなら失敗したくない。
専門家が教えれば失敗はしにくい(しないとは言ってない)
少なくとも、丁寧に教える専門家がいたのに失敗したとすれば、それはそれでいい経験になると思います。

タイトルで使っている”CRM”とは、直訳すれば顧客関係管理ですが、平たく言えば顧客との関係を強めるための作戦や方法論です。
本業とは少し離れているかもしれませんが、新規客との接点づくり、既存客との関係強化にイベントやワークショップを使ってみるのはいかがでしょうか。

特に、商圏が限られている店舗や商店街など地域ビジネスをしている方が取り組んで頂ければ効果が高いと思います。
本記事は前置きなので気持ちを書きました。

これ以降の記事は下記のテンプレートで「あったらいいな」と思いついたイベント企画やワークショップを書いています。
「できそう」「やってみたい」と思った方は、ぜひぜひやってみて下さい。

企画例:スパイスカレー店のシェフが100均スパイスで作れる美味しいカレーの作り方を教えます。

項目概要
企画内容いわゆる専門的な料理教室。
スパイスカレー店の店主が100円ショップで揃えることができる4種のスパイスを使ったスパイスカレーの作り方をナビゲート。
参加者には使用した4種のスパイスとレシピを提供。
プラスアルファのホールスパイスを加えたバージョンや、今後のスパイスを分ける特典がある。
お店のカレーとの食べ比べもできる。
どういった仕事をしている人がやる企画?スパイスカレー店
ターゲットは?常連さん、カレー好きの男女。
人数は?4~8人程度。
目的は?常連さんとの関係強化
新規客の獲得
イベント開催のノウハウ収集
デジタルコンテンツの収集
どうやって告知する?店内POPや地域を絞ったFacebook広告、Google広告、Yahoo広告など
申し込みはどうやって管理する?申し込み用ランディングページを作成してメールで受け付け。
料金は?一人2,980円~
時間は?3時間程度
どうやって拡大する?ワークショップの工程を撮影してコンテンツ化。
ブログやYoutubeへ投稿してサイトパワーを上げる。
調合したスパイス・パウチカレーの小売・通販など。

とこんな感じで、めっちゃ絞って企画を書いていきます。
店舗や中小企業を中心に書いていく予定です。

  • 事前のリサーチをせずに企画しているため、成否は未知数です。
  • コトウリは成功および失敗について一切の責任を持ちません。
  • 実行はご自身の責任でお願い致します。

上手くいったら、1円募金する、家族にお土産を買って帰る、普段よりちょっと贅沢するなど「ちょっとだけいいこと」をして下さい。

ツッコミや感想をお待ちしています。

サービス資料をダウンロードできます
コトウリをもっと知ってください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったらシェア!

コメント

コメントする

目次
閉じる